株式会社セガゲームス -【SEGA Games Co., Ltd.】

NEW EMPLOYEE

新入社員インタビュー

プログラマ 舘野 友貴美 2018年入社

大きい会社だからこそできるチャレンジがある。

クリエイターになりたい。小学生の頃から、将来は何かモノをつくる仕事をしたいとずっと思っていました。CGデザイナーになりたいと思ったこともありましたが、中学生の時に授業で習ったプログラミングに興味を持ち、プログラマを目指すように。大学時代は光工学系を学び、機材として使用していたハードウェアのドライバなどを作成していたのですが、もともとゲームが好きなので、好きなものを仕事にできたらいいなと思ってセガゲームスへ。
数あるゲーム会社の中からセガゲームスを選んだのは、就業環境や福利厚生面が整っているのはもちろんなのですが、新しいことにチャレンジする社風。大きな老舗企業なので保守的なのかなと思っていたのですが、それはまったく違っていて、大きな老舗企業だからこそ新しいオリジナルのゲームをつくれる。つねにチャレンジするセガゲームスの姿勢に強く惹かれました。
ゲーム業界のクリエイターを志す学生の中には、ベンチャーのほうが新しいことができると思っている人がいるかもしれませんが、そうとは限りません。資本力や先輩たちが培ってきた技術力など、大きい会社だからこそできるチャレンジがあることを知ってもらいたいですね。

1年目からさまざまなタイトルを担当。

入社してスマホゲームの担当となり、最初の業務がサービス中タイトル「D×2真・女神転生リベレーション」のギルド場面のプログラムでした。このタイトルでは「Unity」を使用しており、私はいままであまり使っていなかったのですが、先輩や詳しい同僚に教えてもらいながら、実際にユーザーの目に触れる部分などを担当。夏頃にはリリースされ、お客様に遊んでいただいたことでプログラミングがいっそう楽しくなりました。

スマホは新規開発のタイトルが多く、セガゲームスでは新入社員でも1からつくらせてもらえることが珍しくありません。携わった作品がヒットしたら実績と自信につながり、次回作のモチベーションへ。きっと、これがセガゲームスの社風なのだと思います。
いまも新規開発中タイトルの主にUI周りの実装を手がけ、手が空いたときは自分の担当以外の部分も任せてもらい、作成したものが実装後に動いているかどうかなどのチェックをやっています。
すべて責任ある大切な業務ですが、それはどんな仕事も同じでしょうし、わからないところは先輩や詳しい人が親切に教えてくれます。社内のコミュニケーションの良さもセガゲームスの魅力のひとつです。

タイトルすべてを任されるスペシャリストに。

この仕事のやりがいの1つは、いろいろなパーツを組み合わせて完成した時。仕様書どおりにボタンや機能が作動し、先輩や上司からOKをもらった時の達成感はなんとも言えません。長い時間費やし、試行錯誤を繰り返してつくり上げたものですので、クリエイターとして格別の充足感を感じます。
これは私の主観かもしれませんが、セガゲームスは社内の雰囲気がとてもクリエイター向き。仕事する執務室は広くて解放的ですし、気分転換に最適な休憩スペースなどの設備も整っています。とくに私が所属する部門は、仕事の進め方や時間の使い方は個人に一任。チームワークが大切な仕事なので、スケジュールに合わせて担当任務を遂行するのは当然ですが、それができていれば休憩などは比較的自由にとれます。とても柔軟に対応してもらえるので、面白いアイデアなどが生まれやすいと思います。

今後の目標はクオリティを高め、バグが出ないプログラムを書くこと。作業スピードも大切ですが、バグを出さないことはプログラマとして基本ですので、プロジェクトや作業が変わっても注力していきます。将来はプロジェクト内で技術面をすべて任されるスペシャリストになりたいですね。

SCHEDULE

9:30 出社、メール等確認、プロジェクトを最新の状態に更新、動作チェック。

10:30 朝会、今日やることを整理して一日のスケジュールを立てて作業開始。

11:00 実装/バグ改善作業。

12:30 昼飯、残った時間は趣味の時間にあてたり、ゲームしたり。

13:30 実装/バグ改善作業/実装内容確認のため先輩と相談。

18:00 セクション定例/同じセクションのプログラマ同士で情報、進捗状況などの共有。

19:00 退社。

OTHER STAFF INTERVIEWS

その他社員インタビュー