株式会社セガゲームス -【SEGA Games Co., Ltd.】

NEW EMPLOYEE

新入社員インタビュー

デザイナー 櫻田 純菜 2018年入社

多角的に楽しんでもらえるゲームの背景を描きたい。

美術大学でアニメーションの映像や絵画などを習っており、進路は映像業界かゲーム業界か迷いました。でも映像は一方向という、全員が同じものを見ることが多いですけど、ゲームは人それぞれの楽しみ方があると思うんです。たとえば、最短でクリアする人、またはゲームのアイテムを全部集めてクリアする人。映像と違って、ゲームはプレイヤーの操作が介在する双方向のエンターテイメントですから、つくったものをいろいろな角度から自由に見て楽しんでもらいたいと思い、ゲーム業界を志望しました。
セガゲームスを選んだのは、家庭用ゲームが好きだったからです。セガゲームスは長年に渡って、さまざまなジャンルの家庭用ゲームを世に送り出している会社であり、家庭用ゲーム制作に携わってみたかったので。また、歴史がありますから、年齢もバックグラウンドもさまざまな社員から、多くのスキルや幅広い知識を得ることができると思い入社しました。
また、会社のミッションとして「感動体験を創造し続ける」というのがあり、人の心を動かすものをつくってみたいと思っていたので大変共感しました。

スキルを身に着け、将来は幅広いタイトルにチャレンジ。

現在担当しているのは、「龍が如く」シリーズの背景作成。主人公のバックの建物や部屋、小物などをつくっています。「龍が如く」はリアルに再現された街が舞台ですので、参考のため実際に現地へ出向き取材をしたりもします。プライベートの時も背景に使えそうなモノやシーンは写真に収め、さまざまな映画を観て勉強をしています。
この「龍が如く」の背景作成で意識しているのは、「龍が如く」らしさ。リアリティのある表現や世界観を意識しているのですが、かといってリアルにつくり過ぎてはいけません。実際の名前は使えない場合もありますので、お店の看板や特定できる意匠は描かないように気を付けています。

ゲーム制作に携わって感じるのは、デザイナーの裁量の大きさ。発注されたものを忠実につくってさえいればいいのかなと思っていたのですが、提案をどんどん生かしてもらえます。今後はもっとスキルを身に着けてクオリティを高めていくとともに、将来は幅広い内容のタイトルにチャレンジしていきたいです。

充実した研修とコミュニケーションが不安を払拭。

私が所属する背景班は毎朝定例ミーティングを行い、上長が全体で共有すべきことや変更点、注意事項などのお話があります。新人だと全体の流れをつかむのがむずかしいので、この定例ミーティングは効率的な作業をするうえで有効です。昼間作業を進めている時もタイミング良く先輩や上長にチェックしてもらえますし、迷って手が止まってしまった時なども嫌な顔ひとつせず的確なアドバイスをしてもらえるのでとてもありがたく思っています。
入社してビジネスマナーなどを教わる新人研修のあと、技術的なことを学ぶ研修が1カ月半くらいあり、私にとっては大変役に立ちました。それまで3Dのツールはほとんど使ってこなかったので、そこで習ったことがいま活かされています。

就活している方に言いたいのは、セガゲームスの研修は充実していますし、配属後の育成環境も整っていますので、たとえ経験がなくてもモノづくりへの情熱さえあれば大丈夫。私自身、緊張や不安でいっぱいでしたけど、やってみたら意外にできるというか、セガゲームスにはその環境が充分揃っていると思うので、心配せず勇気を持って飛び込んできてもらいたいですね。どんな後輩たちに会えるか、いまから楽しみです。

SCHEDULE

10:00 出社。メールチェック・1日の仕事内容の確認。

10:30 背景班朝礼。プロジェクト全体の変更点、決定稿などを共有。個々の進捗を報告。

11:00 デザイン資料集め。作成する背景の参考とする資料を集め、イメージを固めていきます。

12:30 同期と食堂でランチ。

13:30 背景班リーダー、技術指導コーチと打ち合わせ。ステージデザインについて、いくつかイメージ案を提示して、相談しながら決定していきます。

14:00 ステージのゲームデータ作成。建物や部屋、背景に置くオブジェクトなどの3Dデータを作成します。

17:00 実際にゲーム上でステージデータを確認後、修正。

18:45 日報を作成し、コーチに送信。

19:00 メール、明日のスケジュール確認後、退社。

OTHER STAFF INTERVIEWS

その他社員インタビュー