株式会社セガゲームス -【SEGA Games Co., Ltd.】

お知らせ

セガゲームス、中国・91Act と共同で開発する中国向け新作モバイルゲーム『電撃文庫:零境交錯』、テンセントと中国大陸における運営ライセンス契約を締結

企業

株式会社セガゲームス(本社:東京都品川区、代表取締役社長COO:松原健二、以下 セガゲームス)と成都格闘科技有限会社(本社:中国四川省成都市、社長:姜磊、以下91Act)が共同で、開発を進めている中国向け新作モバイルゲーム『電撃文庫:零境交錯』について、Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited(本社:中国広東省深圳市、社長:馬化騰、以下テンセント)と中国大陸における運営ライセンス契約を締結しました。なお、同地域での配信は2018年内の開始を予定しています。
また、12月30日から中国・広州で開催されるアニメ・ゲームショウFFACGEXPOで、『電撃文庫:零境交錯』をブース出展いたします。

『電撃文庫:零境交錯』は、2015 年 12 月に PlayStation®4 / PlayStation®3 / PlayStation®Vita で発売した株式会社KADOKAWAアスキー・メディアワークスのエンタメノベルレーベルである電撃文庫作品のキャラクターたちが多数登場する2D対戦格闘ゲーム『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION』の新作モバイルゲームです。その世界観と登場するキャラクターはそのままに、現地ユーザーの嗜好やプレイ環境に合わせた新たなゲームとして、中国大陸のほか、台湾、香港、マカオの配信に向けて、現在 開発を進めています。

セガゲームスでは、自社のIPやコンテンツの海外展開を積極的に行っています。特に中国市場に向けては、2017 年 11 月に PlayStation®4・Xbox One™用ソフトを初めて発売したほか、Tencent Holdingとの協業によるPC向けゲームプラットフォーム「TencentWeGame」での配信に向けた取り組みなど、展開を強化しています。この度の取り組みはこうした展開の一環として行うもので、中国を含め世界中のより多くの方々に対して自社IPや日本のコンテンツに触れていただける機会を提供すべく努めてまいります。

電撃文庫:零境交錯

【 製品概要 】

名称:
电击文库:零境交错
ジャンル:
2Dアクションバトル
配信開始:
2018年年内予定
価格:
基本無料(アイテム課金あり)
メーカー:
91Act、セガゲームス
対象プラットフォーム:
App Store / Google Play
言語:
中文・簡体字
配信エリア:
中国大陸
著作権表記:
©SEGA  ©2017 KADOKAWA ASCII MEDIA WORKS  ©91Act

【 テンセント 概要 】

・社名: Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
・本社所在地: 中国広東省深圳市
・設立: 1998年11月
・代表者: 代表取締役社長 馬化騰

テンセントロゴ

【 91Act 概要 】

・社名:
成都格闘科技有限会社(通称:91Act)
・本社所在地:
中国四川省成都市
・設立:
2014年 1月
・代表者:
社長 姜磊
91Act

【 セガゲームス 】

株式会社セガゲームスでは家庭用ゲーム機、PC、およびスマートデバイスに向けたゲームやデジタルサービスの企画・開発・販売・運営を行っております。「龍が如く」シリーズや「ファンタシースターオンライン 2」、「チェインクロニクル」シリーズなど国内、アジア市場を中心に多彩なゲームコンテンツを提供しています。さらに欧米においても独立性を持つ現地子会社で市場のニーズを捉えたコンテンツ制作を行い、「Total War」をはじめとする高い IP 力を保有するゲームを展開しています。
また、ゲーム事業を通して培ったノウハウや資産を活かし、ゲームに留まらない独創的な新規事業の展開を進めています。

株式会社セガゲームス

  •  記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

pageTopへ