沿革

1951年 (昭和26年)

創業

1960年 (昭和35年)

日本娯楽物産(株)設立

「セガ1000」国産初のジュークボックス

1964年 (昭和39年)

日本機械製造(株)吸収合併

業務用アミューズメント機器の製造開始

1965年 (昭和40年)

(有)ローゼン・エンタープライゼス吸収合併

アミューズメント施設の運営開始

(株)セガ・エンタープライゼスに商号変更

1966年 (昭和41年)

「ペリスコープ」世界的ヒット

1969年 (昭和44年)

米国コングロマリットのガルフ アンド ウエスタン インダストリーズ,インク.の傘下に入る

1983年 (昭和58年)

8bit家庭用ゲーム機「SG1000」発売

1984年 (昭和59年)

CSKグループの資本参加によりCSKグループの一員となる

欧州での業務用アミューズメント機器のマーケティング拠点として、セガ ヨーロッパ リミテッド設立

1985年 (昭和60年)

米国での業務用アミューズメント機器販売の拠点として、セガ・エンタープライゼス,インク.(U.S.A)設立

世界初の体感ゲーム「ハングオン」発売

業務用ゲーム機「UFOキャッチャー」発売

1986年 (昭和61年)

米国でのコンシューマ機器販売の拠点として、セガ オブ アメリカ,インク.設立

株式店頭登録

1988年 (昭和63年)

株式東京証券取引所市場第二部上場

16bit家庭用ゲーム機「メガドライブ」発売

1990年 (平成2年)

株式東京証券取引所市場第一部指定

世界初全方向360度回転する業務用ゲーム機「R360」発売

1991年(平成3年)

「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」シリーズ初登場

1992年 (平成4年)

フルポリゴン業務用ゲーム機「バーチャ レーシング」発売

1993年 (平成5年)

世界初業務用3D-CG格闘ゲーム「バーチャ ファイター」登場

1994年(平成5年)

32bit家庭用ゲーム機「セガサターン」発売

1995年 (平成7年)

セガ/アトラス「プリント倶楽部」登場

物流サービス部門を分離し(株)セガ・ロジスティクスサービス設立

1996年(平成8年)

東京臨海副都心に「東京ジョイポリス」開業

家庭用ゲーム「サクラ大戦」シリーズ初登場

1998年(平成10年)

家庭用ゲーム機「ドリームキャスト」発売

2000年(平成12年)

(株)セガに商号変更

家庭用ゲーム機初のネットワークRPG「ファンタシースターオンライン」発売

2002年(平成14年)

ダーツバー1号店「Bee SHIBUYA」オープン

2003年(平成15年)

業界初キッズ向けカードゲーム「甲虫王者ムシキング」登場

2004年(平成16年)

サミー(株)との共同持株会社、セガサミーホールディングス(株)設立

ネットワーク技術基盤「ALLNet.」登場

女子向きカードゲーム機「オシャレ魔女 ラブ and ベリー」登場

2005年(平成17年)

家庭用ゲーム「龍が如く」シリーズ初登場

業務用トレーディングカードゲーム「三国志大戦」シリーズ初登場

2007年(平成19年)

家庭用ゲーム「マリオ&ソニック AT 北京オリンピック™」発売

2009年(平成21年)

業務用ゲーム機「ボーダーブレイク」シリーズ初登場

アラブ首長国連邦ドバイにライセンス契約に基づいた屋内型テーマパーク「SEGA REPUBLIC」開業

2010年(平成22年)

iOS向け「Kingdom Conquest」サービス開始

2012年(平成24年)

オンラインコンテンツ「ファンタシースターオンライン2」サービス開始

(株)セガネットワークス設立

「東京ジョイポリス」リニューアルオープン

(株)セガエンタテインメント設立

2013年(平成25年)

世界初”大自然超体感ミュージアム”「オービィ横浜」オープン

2015年(平成27年)

セガグループの再編及び新会社設立を発表

(株)セガネットワークス吸収合併

(株)セガゲームスに商号変更

ページのTOPへ